通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

スパニングツリーアルゴリズム

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術下編 (CTEQIP)
読み:スパニングツリーアルゴリズム
外語:spanning tree algorithm 英語
品詞:名詞
2000/05/13 作成
2006/11/16 更新

並列に接続された複数ブリッジ間のネットワークで、フレームの無限転送になるループを抑止するためのルート選択アルゴリズム。IEEE 802.1Dとして規定されている。

目次

特定のブリッジをルート(根)とする木構造(スパニングツリー)を形成することで経路ループの抑止が行なわれる。

ルートとなるブリッジは各ブリッジに設定されたプライオリティ値が最小のもの、またはMACアドレスが最小のもの(同一プライオリティ時)が選択される。

プライオリティによってそれぞれのリンクに重みを付けることが可能で、普段優先して使うネットワークと障害時に使うネットワークを設定することができるため、耐障害性の高いネットワークを構築できる。

元々はDEC社で開発されたものだが、DEC社のアルゴリズムとIEEE 802.1Dのアルゴリズムに互換性は無い。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club