通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

チップレート

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:チップレート
外語:chip rate 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

伝送レートのこと。単位はchip/秒(cps)。

MC-CDMAにおいて、上り回線のチップレートが1.2288Mcpsのものを "1x"、3.6864Mcpsのものを "3x" と呼ぶ。

W-CDMAのマルチバンドは周波数帯域別に異なるチップレートを割り当て、高速信号伝送に広い帯域幅を利用できるようにしている。割り当ては1.25/5/10/20MHzに対して1.024/4.096/8.192/16.384Mcps。音声通信やメールなどの低速通信では低いチップレートで狭帯域を使用し、動画などの高速通信では高いチップレートで広帯域に信号を拡散させる。これにより拡散率を上げ雑音・干渉の排除能力の向上と同時接続数の増加を図っている。

関連する用語
MC-CDMA
W-CDMA
音声

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club