通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

W-CDMA

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:ワイドバンド・スィーディーエムエイ
外語:W-CDMA: Wideband Code Division Multiple Access 英語
品詞:名詞
1998/11/13 作成
2012/04/08 更新

第三世代(3G)携帯電話の無線通信技術の一つ。

NTTドコモが通信機器メーカーと協調して開発した、広い周波数帯域を使用したDS-CDMA方式の通信システムである。

IMT-2000で正式採用された。IMT-2000ではIMT-DS(Direct Spread)と呼んでいる。

同様にして欧州はUTRA-FDD(UMTS Terrestrial Radio Access-FDD)を提案したが、技術的に似通っていたため比較的すんなりと統一化された、とされている。

このためこの技術は、日米圏ではW-CDMAまたはIMT-DS、欧州ではUTRA-FDD、と呼ばれるようになる。

技術

技術的には、広帯域を用いたFDD-CDMAである。

帯域幅は、1.25MHzや5MHzが使われている。

周波数帯

使われる周波数は各国の事情から様々だが、現在は概ね次の四種類に分類できる(周波数順)。

  • 2100MHz帯 ‐ 日本、アジア、欧州
  • 1900MHz帯 ‐ 北米
  • 900MHz帯 ‐ 英国、豪州、タイなど
  • 850MHz帯 ‐ 豪州、米国

周波数帯については3GPPによって標準規格化され、俗に「3GPP周波数」と呼ばれている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club