通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

直交可変マルチレート伝送

辞書:通信用語の基礎知識 固定電話技術編 (WTELFT)
読み:ちょっこうかへんマルチレートでんそう
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

同一伝搬路のチャネル間の直行性を保持したまま可変レート伝送を行なうこと。

W-CDMA方式では1コードチャネル当りの最大伝送レートを超える高速レートの伝送については複数の直交コードチャネルを使うマルチコード伝送を用いる。各パス内の拡散コードチャネルが全て直交しているため、直交するスプレッティングコードの数だけのコードチャネルを干渉することなく多重化できる。マルチパスが存在するときはパス間に相互相関が生じるため多重化できる数が減少するものの、ランダムコードを使う場合より伝送特性が向上する。

関連する用語
W-CDMA

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club