通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

データウェアハウス

辞書:通信用語の基礎知識 通信用語業務編 (CYSVC)
読み:データウェアハウス
外語:DWH: data warehouse 英語
品詞:名詞
1999/11/04 作成
2007/04/13 更新

ERPなどの統合システムにおいて一元的に蓄積されたデータを元にそれらを分析し、経営に役立てる手段。

データウェアハウスという概念は、米国の学者William H. Inmon(ウイリアム・インモン)が1990(平成2)年頃に提唱したもので、概念そのものは登場してから長い。

しかし、ハードウェアソフトウェアといったデータウェアハウス構築のための道具立て、環境が整ってきたのが1990年代末であることから、データウェアハウスは新しい技術として、企業から大きな関心が寄せられるようになった。

ERPが流行し企業における統合的なデータが整った次に、いよいよデータウェアハウスというのは、自然な流れと言える。

関連する用語
ERP
データ
ハードウェア
ソフトウェア

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club