通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

フェージング

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術用語編 (WCYOGO)
読み:ふぇーじんぐ
外語:fading 英語
品詞:名詞
2014/07/26 作成

無線通信において、届く電波の強度が何らかの理由によって変動すること。

目次

電波は、地面や空の電離層などで反射して届くが、どのような経路をたどるかはその時々によって変化する。

様々な経路で電波は到達するが、各々で伝達距離が異なるため時間差が生じる。その複数の電波が互いに干渉しあい、電波強度を著しく変動させ信号を劣化させる。

こういった現象をフェージングといい、特に複数経路が原因となるフェージングはマルチパスフェージングともいう。

対策としては、ダイバーシティと呼ばれる手法が使われる。

ダイバーシティでは複数のアンテナを利用して複数の信号を受信し、その中から強い電波を受信したり、相互に合成して干渉の軽減を図る。

スマートフォン含む携帯電話機の場合、多くの場合2本(以上)のアンテナが入っている。通信に高周波を用いているため波長が短いことから、アンテナを互いに少しずらすだけで充分にフェージング回避が可能となっている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club