通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

フレーム (WWW)

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術蜘蛛編 (CTWWW)
読み:フレーム
外語:frame 英語
発音:fréim 英語
品詞:名詞
2006/11/28 更新

HTMLで、1つのウィンドウ内で画面を分割し、複数のページを同時に閲覧できるようにしたもの。

目次

画面全体を定義するHTMLを用意し、この中で<frameset>要素と<frame>要素を用いて適切に画面を区切り、かつその画面に表示するHTML等のありかを指定することで、画面分割を実現する。

すなわち、区切られた各画面には、それぞれ別個のURLがあり、別個のHTML等がある。

元々はNetscape Navigatorの拡張機能だったが、HTML 4.0 Framesetで正式な仕様となった。が、正式な仕様にNetscape Navigator自身が準拠できず、結果としてNavigatorの拡張は仕様違反になってしまっている。

また、HTML 4.0では<IFRAME>というページ内に別のページを埋めこむ要素も定義されたが、これは定義早々廃止検討対象となっている。

関連する用語
HTML
ウィンドウ
Netscape Navigator

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club