通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ヘッダー圧縮

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:ヘッダーあっしゅく
外語:header compression 英語
品詞:名詞
2014/12/19 作成
2015/02/18 更新

通信プロトコルヘッダー領域を圧縮し、通信量を削減する技術。低速シリアルリンクで用いられる。

低速な通信媒体では、わずか1バイトの違いでも通信速度に影響する。

そこで、実際のデータ(ペイロード)の圧縮だけでなく、ヘッダー圧縮も併用されるようになった。

目的

プロトコルヘッダーは、宛先や制御情報など、通信に必要な情報が含まれている。

従ってプロトコルヘッダーは必要なものではあるが、相互の通信中に変化しない領域が多い。

そこで、通信中は変化した部分のみを送信することでヘッダーのサイズを縮小し、通信データ量の削減を実現する。

その代わり通信プロトコルの構造が変わってしまうため、専用に対応した実装間でのみ利用することができる。

主要なもの

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club