通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

マイクロブログ

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術応用編 (CTAPL)
読み:まいくろぶろぐ
外語:microblog 英語
品詞:名詞
2018/06/15 作成

ブログサービスの一種で、短文を投稿しあいコミュニケーションを取ることを目的としたもの。ミニブログとも。そのサービスの多くはSNSの形式を取っている。

アメリカのサービスTwitterの流行で広まり、現在では様々なサービスが存在する。

タイムラインチャットのようになることはあるが、マイクロブログはただのチャットではなく、ブログとしての機能を有している。

これを著している時点でTwitterが一強の寡占であることは間違いないが、徐々に人離れを起こしており、代替として有力視されているのは、Web 3.0の流れとして「分散」することで寡占・独占を排除するシステム、分散型マイクロブログであるマストドンである。

支那

支那では、金盾による共産党政府による情報検閲がありTwitterなどに接続できない。

このため支那では支那ローカルのマイクロブログとして、微博(Weibo、ウェイポー)などが普及している。これは報道などでよく「支那版ツイッター」のように表現されている。

主なもの

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club