通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

マクロウイルス

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術安全編 (CTSEC)
読み:マクロウイルス
外語:macro virus 英語
品詞:名詞
1998/09/16 作成
2006/12/13 更新

アプリケーションマクロ機能を利用して、そのデータ乃至(ないし)はアプリケーションファイルに感染してゆくプログラムのこと。

通常のウイルス(実行ファイル)とは違い、アプリケーションのマクロ機能を悪用したものであるため、名前で区別されている。

一般的にマクロウイルスはMicrosoft製品をこよなく好み、その中でも特にMicrosoft Outlook/Microsoft Outlook Expressと呼ばれる電子メールクライアント(MUA)が大のお気に入りである。

またMicrosoft Excelと呼ばれる表計算ソフトウェアや、Microsoft Wordと呼ばれるワープロソフトウェアにもマクロウイルスからの人気が集まっている。

感染直後ではなく、ある程度時間をおいた後で、ディスク内のデータを破壊するなどの動作をすることもある。このような機能をロジックボムと呼ぶ。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club