通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

リバースプロクシー

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術応用編 (CTAPL)
読み:リバースプロクシー
外語:reverse proxy 英語
品詞:名詞
2010/04/30 更新

サーバー側に配置されるプロクシーサーバーで、主としてHTTPで使われる。

これを導入するとクライアントはサーバーの代わりにリバースプロクシーサーバーへアクセスし、そこにキャッシュされている情報はそのまま、リバースプロクシーサーバーがクライアントに返す。

キャッシュされていない情報(データベース検索など)への問い合わせのみが本当のWebサーバーへと送られ、処理されるため、Webサーバーの負荷が下がり、またリバースプロクシーサーバーが広帯域のネットワークに存在するならば、クライアントから見た高速化が図れる。

関連する用語
プロクシーサーバー
HTTP

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club