通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

リンクキー

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:リンクキー
外語:link key 英語
品詞:名詞
2010/12/28 作成

Bluetoothの暗号化に使われている128ビット(16オクテット)長の数値。

目次

Bluetoothのセキュリティは、認証と暗号化に分けられている。

互いの機器の認証にはPINが使われる。ASCIIで最大16文字まで利用できるが、小規模な機器では桁数・使用可能文字に制限がかかる場合もある。いずれにせよ、機器同士の接続では両者で共通のPINが必要であり、この作業をペアリングという。認証(ペアリング)に成功すると、リンクキーが作成される。

暗号化通信は、リンクキーと、128ビット長の暗号キー(乱数)を使用して行なわれる。

ペアリングに成功し作られたリンクキーは、機器に保存される。

このため、ペアリング中は逐一PINを入力せず、サービス(接続)を行なうことが可能である。

ペアリングが解除されると自動的にリンクキーも破棄されるため、次回使用する時には再度ペアリングをする必要がある。

関連する用語
Bluetooth

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club