通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ペアリング

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:ペアリング
外語:pairing 英語
品詞:さ変名詞
2010/01/24 作成
2011/05/26 更新

Bluetooth機器が初めて互いに接続する際に、互いを認証する作業のこと。

Bluetoothは無線で通信するが、無関係の機器と通信をしたりしないよう、セキュリティ維持のために互いを認証する作業を要し、これをペアリングと呼んでいる。

一度ペアリングが済むと必要情報が互いの機器に保存され、以降はペアリングは不要である。

LMPというプロトコルで処理されている。

手順

二つのBluetooth機器を通信可能距離に置き、双方を「ペアリングモード」にする、というのが一般的である。

双方がペアリングモードになると、ペアリングの設定が自動的に行なわれ、Bluetoothによる無線接続が開始される。

機構

ペアリングでは、PINコード(パスキー、PINキーともいう)を入力し、これを元にして固有のリンクキーを生成する。以降は、このリンクキーによって通信が可能となる。

PINコードはいわゆる暗証番号で、手入力が基本だが、小型装置では固定であったり、いくつかからの選択式であったりすることもある。

リンクキー

リンクキーは自動的に作られるものなので、これをユーザーが直接目にすることはない。

通信可能距離に複数のBluetooth機器があっても、互いはリンクキーでペアリング相手を認識することができる。

リンクキーは互いの装置間に保存されるので、一度ペアリングが成功すれば、以降はわざわざペアリングをする必要は原則として無い。

ただし小規模な装置では、メモリー容量などの制限から、保存出来るリンクキーが一個限定ということがある。このような小規模な機器とペアリングすると、前の装置と通信するためには再度ペアリングせねばならない。

保存

多くの装置では、電源を切ってもリンクキーを保存する。

しかし電源が入っている間しかリンクキーを保存しない装置(不揮発性メモリーに保存しない/できない装置)もあり、この場合は電源をOFF→ONすると毎回ペアリングが必要でPINの入力を要求される。

用語の所属
Bluetooth
関連する用語
BDアドレス
マルチペアリング
リンクキー

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club