通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ワイドテレビ

辞書:通信用語の基礎知識 無線・業務放送用語編 (WBCASTY)
読み:ワイドテレビ
外語:Wide TV 英語
品詞:名詞
2014/01/25 作成
2015/03/28 更新

従来型のテレビ受像機よりも、横長画面のテレビ受像機

従来の地上アナログテレビジョン放送テレビシステムの仕様から4∶3(1.33∶1)であったので、これより横長であればワイドテレビであると言える。

実際には、16∶9(1.78∶1)にしたテレビ画面や受像機、及びその放送自体が一般的である。

アナログ時代

アナログ放送の時代は、放送の規格自体は4∶3である。従って、当時のワイド放送は横が増えたのではなく縦が減ったのである。

つまり当時、画面の上下を削っておきながらワイドと名のっていたが、これはカメラのパノラマモードと同程度の思考である。従って当時、これをナロー(Nallow)テレビと呼ぶのが真に適切だと主張する人もいた。

一応、映画などで臨場感が楽しめることになっていた。

ディジタル時代

地上デジタルテレビジョン放送では、放送の規格自体が16∶9となったので、テレビ受像機も一般にこの比率で作られ、販売されている。

この場合は放送の規格として最初から横長なので、縦が減ったとは言わない。

関連する用語
テレビ受像機
テレビ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club