通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

中継アンテナ

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:ちゅうけいアンテナ
外語:relay antenna 英語
品詞:名詞
2006/01/18 更新

家の中でPHSが使えないような場合、窓際まで届いている電波を中継して家の中でも使えるようにする装置のこと。

窓際にすらも電波が届いていないような場合には使っても無意味である。

NTTドコモとアステル

NTTドコモ(旧NTTパーソナル)のホームアンテナと、アステルパワーアンテナはサービス登場当初から存在した。

対して、エリアが広いことが自慢のDDIポケット(現在のWILLCOM)はこの種のものを用意していなかった。

DDIポケットとWILLCOM

後にDDIポケットも中継アンテナを用意するが、公式には宣伝されず、よって中継アンテナに製品名が付けられることもなかった。

中継アンテナはDDIポケットに供託金10,000円を支払うことで無料で借りることができた。その際送られてくる中継アンテナが入っている箱には、"PHS中継局" "屋内公衆レピータ" と書かれているだけで、公式サービスとして用意されていないことを示していた。

2005(平成17)年11月からWILLCOMは中継アンテナを公式にサービスすることになり、それにはホームアンテナと名付けられた。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club