通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

予想外割

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話サービス編 (WTELMS)
読み:よそうがいわり
品詞:商品名
2007/01/06 作成
2007/01/09 更新

ソフトバンクモバイルが2006(平成18)年10月23日に発表し、26日から提供を開始した新料金プラン。

予想外割とは「予想外の割引を提供する」を意味する。

公正取引委員会に不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)に抵触する可能性を指摘されたことから、広告の方法等を何度か変更した。そして当初の予定通り2007(平成19)年1月15日をもってサービス終了となり、延長はされなかった。

月額2,880円で、音声通話無料、メール無料、を広告した。

これは、次の三つのプランを組み合わせたものである。

但し、無料とならない例外条件が多く、しかも例外条件では高額の価格設定がされている。殆どの通話・メールがソフトバンク携帯との間で行なわれる人の場合は安くなる可能性があるが、それ以外の場合にはむしろ割高になる可能性が高い。

沿革

  • 2006(平成18)年10月23日: 発表
  • 2006(平成18)年10月26日: サービス開始
  • 2006(平成18)年12月11日: 公正取引委員会、広告表示について景品表示法違反(有利誤認)の疑いの旨、警告
  • 2007(平成19)年1月15日: サービス終了

新スーパーボーナスは電話機の割賦販売と毎月の特別割引を組み合わせたものである。

あくまで割賦(ローン)なので途中解約では残金全額の支払いが必要だが、頭金0、特割で毎月の支払いもほぼ0で済むとされている。

そして予想外割の最大の特徴は、「ゴールドプラン」と「ソフトバンク大創業祭キャンペーン」の組み合わせである。

ゴールドプランは、通話が逼迫する夜間時間帯(21時〜深夜2時まで)以外で、ソフトバンクモバイル(以下SBM)同士の通話、という限られた条件でのみ、通話料が無料となる料金プランである。

このゴールドプランは月額基本料が9,600円であるが、2007(平成19)年1月15日までの「ソフトバンク大創業祭キャンペーン」により基本料が70%引きとなり、もって2,880円となる。

広告では、基本料だけで、

  • 端末¥0
  • 通話¥0
  • メール¥0

と謳われているが、以下の部分については無料ではなかった。得ではない理由は次のようなものがある。

  • 夜間(夜9時〜深夜2時)は、月合算200分以上で有料
  • 他社の携帯電話や固定電話その他への通話は、時間帯問わず有料な上、通常の契約プランより価格が高い
  • メールで無料なのはSBM同士のSMS/MMSだけで、電子メールアドレスを使ったメールは有料
  • メールにせよWebにせよ、通信に必要なパケット代は有料(0.21円/パケット)
  • S!メールは有料(サイズにより3.15〜210円/1通)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club