通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

公衆電話

辞書:通信用語の基礎知識 固定電話技術編 (WTELFT)
読み:こうしゅうでんわ
外語:The public telephone 英語
品詞:名詞
1999/11/17 作成
2011/03/15 更新

町中に存在する電話。普通はNTT地域会社のものを指す。

硬貨テレホンカードなどにより、基本的には前払いで対価を支払い通話をする。

かつては月極めなどで対価を支払うクレジット通話もあり、NTTコミュニケーションズのカードC、日本テレコムのクレ・カードなどをテレホンカード代わりに使用して通話をすることができた。

由来

公衆電話は1900(明治33)年9月11日に、上野駅と新橋駅に日本で初めて設置された。但し、当時の名は「自動電話」で、交換手を呼び出してからお金を入れ繋いでもらう方式だった。

これが「公衆電話」と呼ばれるようになったのは、1925(大正14)年に交換手を必要としないダイアル式電話が登場してからである。

電話番号

公衆電話にも電話番号が存在し、この電話機に対して電話を掛けることも可能である。

多くの場合、下4桁の番号がXXnn(nnは00〜99)で、XXは42、49などの一般家庭では好まれないような番号が多く使われる。

但し公衆電話から発信された通話は、ナンバー・ディスプレイでは「公衆電話」などと表示されるのみで番号は通知されない。

停電時

現在は携帯電話機の普及に伴い公衆電話は数を減らしているが、多機能なものもある。ICカードが使える電話機は廃止されたが、磁気カードの機種は今もある。

停電時に使えるかどうかは機種毎に様々だが、概ね色で判断できる。

  • アナログ(緑) ‐ 緊急通話、無料通話、硬貨発信可、テレホンカード不可
  • デジタル(緑) ‐ 同上
  • デジタル(灰) ‐ 緊急通話、無料通話可、硬貨発信はバッテリーにて対応(切れると発信不可)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club