通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

出会い系サイト

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術蜘蛛編 (CTWWW)
読み:であいけいサイト
品詞:名詞
2001/06/04 作成
2006/11/28 更新

テレクラのWeb版。

目次

テレクラと異なり直に会話をしないため、口調や性格などをいくらでも偽ることができ、話だけ盛り上がっておきながら出会ってみて失望するパターンが多い。

それが故に泥沼(執拗に迫られる、ストーキングされる、キレて攻撃的になる、など)にはまるケースが非常に多く、中には殺人事件にまで発展するケースもあり、問題となった。

話題になるきっかけは、携帯電話のスパムである。特にiモードは電話番号でメールが送信できたので、多大な功績(?)を残した。

よほど儲かるらしく、今でも出会い系サイトは星の数ほど存在する。

警察も注意を呼び掛けたりしているが、不祥事で世界的に有名な神奈川県警では、出会い系サイトで嫁さんを見つける警官がいたりする有り様である。

日本では「不健全な」出会い系サイトが跋扈してしまい改善の余地がなかったが、海外で健全な出会い系サイトとしてソーシャル・ネットワーキング・サービスが作られ、日本に逆輸入された。日本ではmixiなどが有名である。

関連する用語
ネット恋愛
mixi

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club