通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

周波数混合機

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術用語編 (WCYOGO)
読み:しゅうはすうこんごうき
品詞:名詞
2006/06/14 更新

二つの周波数を混ぜる装置。

入力周波数(fとf0)に対し、出力は|f±f0|(f+f0、f-f0またはf0-f)となる。この出力に対し、同調回路(共振回路)を入れることによってどちらか一方を取り出すことができる。

例えば、受信したい周波数fが1,000[kHz]だったとして、局部発振器の周波数f0が1,500[kHz]だったとすると、f+f0=2500[kHz]とf0-f=500[kHz]が得られ、さらに同調回路(共振回路)により低い方の周波数である500[kHz]を選択する。この変換された周波数を中間周波数といい、こういった受信方式をスーパーヘテロダイン方式という。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club