通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

回線自由化

辞書:通信用語の基礎知識 電話情報編 (WTELI)
読み:かいせんじゆうか
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

回線が自由に利用可能となること。具体的には1985(昭和60)年4月に電気通信事業法が改正されたことを指す。

それまでは電話回線を利用した通信サービス等は法律で禁止されており、電子メール一通すら電話回線経由で送ることは禁止されていた。だがアメリカ国防総省ARPANETで4台の電子計算機が接続されたのが1969(昭和44)年、世界初のBBSが稼働したのが1977(昭和52)年と言われており、それに対して日本は米国より10〜20年近く遅れを取っていたことになる。

当然ながら回線解放を求める動きは日増しに強くなり、1985(昭和60)年にようやく法律の改正に至った。その後、国内でも大小様々なパソコン通信ホスト(BBS)が立ち上がることになり、やがてインターネット接続の普及へと繋がってゆくことになる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club