通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

汎用JPドメイン名

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術識別子編 (CTURI)
読み:はんようジェイピードメインめい
品詞:名詞
2001/03/04 作成
2011/09/26 更新

.jp形式のドメイン名のうち、他のドメイン名の条件と衝突しないもの。申請開始当日より、日本語ドメイン名に対応した。

.jpドメインをより自由に使いたいという意向に合わせ、導入された。

.jpドメインは、セカンドレベルで様々な機能を区分けしているため、次のような条件と衝突する場合、そちらが優先される。

このドメインは、サイバースクワッティング問題を避ける目的で、順次登録できる範囲を広げて公開に至った。

  • 2001(平成13)年2月22日〜3月21日: 優先登録申請受付 (従来ドメイン所有者対象)
  • 2001(平成13)年4月2日〜4月23日: 同時登録申請受付 (期間内の申請は全て同時申請として扱い、抽選とする)
  • 2001(平成13)年5月7日12:00(@166): 先願登録申請受付開始

このドメインには次のような特徴がある。

  • 日本国内に住所があれば誰でも登録可能
  • 複数登録可能
  • 日本語ドメイン名が登録可能
  • ドメイン名の移転(登録名義の変更)が可能

従来の.jpドメインでは制限されていたことが大幅に緩和されている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club