通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

直流回路 (電話)

辞書:通信用語の基礎知識 固定電話技術編 (WTELFT)
読み:ちょくりゅうかいろ
品詞:名詞
2015/04/13 作成
2015/04/15 更新

電話を構成する回路全体のうち、電話機部分の回路。

目次

電話回線は、「交換機」‐「加入者線」‐「電話機」のように構成されている。

この電話機のうち、アナログ電話端末に存在する回路をいう。

直流回路は、発信応答の時に閉じ、通信が終了した時に開くものとして規定されている。

端末設備等規則の第二条第2項第20号に定めがある。

端末設備等規則

(定義)

第二条 この規則において使用する用語は、法において使用する用語の例による。

2 この規則の規定の解釈については、次の定義に従うものとする。

二十 「直流回路」とは、端末設備又は自営電気通信設備を接続する点において二線式の接続形式を有するアナログ電話用設備に接続して電気通信事業者の交換設備の動作の開始及び終了の制御を行うための回路をいう。

関連する用語
電話
アナログ電話端末

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club