通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

自営標準第三版

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:じえいひょうじゅん・だいさんぱん
品詞:名詞
2000/07/29 作成
2013/10/07 更新

自営用PHSの規格の一つで、RCR STD-28の第三版(ver3.0)で定められたもの。1997(平成9)年公開。

自営用付加サービスの規格が追加されている他、PHSの2/4チャンネルを同時使用する64/128kbpsのデータ通信がサポートされている。

64kbps以上の転送速度がサポートされたことから、簡易型の無線LANシステムなども製品化された。

この仕様での無線LANでは一般的に複数のパソコンを相互接続するものではなく、一台のパソコンのシリアルポートを無線により外部のアナログモデムターミナルアダプター、または他の一台のパソコンと接続するというPeer to Peerでの接続で利用される。

ノートパソコンなどのケーブルレス化や家庭内モバイル向けの技術の先駆けとも言える。

用語の所属
コードレス電話
PHS
自営標準
関連する用語
自営標準第二版

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club