通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

送信レベル

辞書:通信用語の基礎知識 固定電話技術編 (WTELFT)
読み:そうしんレベル
外語:transmission level 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

モデムから電話回線発信する変調された信号の強さ(要するに音量)。

通常の国産モデムなら-15dBm程度に設定されているのが普通だが、規格最大で0dBmまで上げることができる。数値が0dBmに近づくほど音量が増し回線品質の悪い場所でもそれなりに情報を伝達することが可能になるが、実際に設定可能な最大値はモデムにより異なる。

かつて日本でアナログモデムが主流だった頃、これを変更するのに資格が必要で、しかも通常は-15dBmに設定されているという状況だった。しかし当時の回線はさほど品質が良くなく、-10dBm程度まで上げないと接続できないという状況だった。1998(平成10)年4月1日より規制が緩和され-8dBmまでの変更が許可されるが、すでに端末の多くがディジタルにシフトしており、遅すぎるとの批判の声もある。

元々日本では資格が必要ということもあって、日本国内で販売されているITU-T V.34モデムでは "回線状態に応じて送信レベルを自動調整" の機能が削除されているため、実はV.34がV.34ではない。フルスペック機能を搭載できなかったのである。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club