通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

開封確認メール

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術郵便編 (CTMAIL)
読み:かいふうかくにんメール
品詞:名詞
2001/01/12 作成
2014/12/04 更新

相手が受信したことを送信者に伝える機能を提供する電子メール

目次

インターネットの電子メールは、送信するばかりで、相手が受信できたかどうかの確認をしない。

この点を改良する目的で、開封した場合にメールヘッダー内に書かれたアドレスに対し、開封した合図を送信する仕組みを提供するのが開封確認メールである。MDNとも呼ばれ、仕様はまずRFC 2298で規定され、RFC 3798に置き換えらた。

具体的には、メールを送る際にDisposition-Notification-To: または X-Confirm-Reading-To:ヘッダーに、合図を送るべきメールアドレスを含めておく。

そして受信側がこのヘッダーの含まれたメールを受け取った場合、メールのSenderヘッダーを<>とし、本文をマルチパートにし、そしてmessage/disposition-notification形式のパートに受信したメールアドレスや受け取ったメールのMessage-Idなどを含んだメールを送り返し、受信した事を知らせる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club