通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

電界強度測定

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:でんかいきょうどそくてい
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

一般的にはある地点・場所などでの電波の強さを測定する事を指す。

PHSの一部機種には隠しコマンドで電界強度の測定が行なえる端末が存在し、それらの機種を用いてCSの設置場所を割り出し、嘘だらけのPHSキャリアのエリアマップを補完したり、CSの写真を撮り歩いたりする者がいるといわれる。

基本的に黒ROM端末でないとできないが、灰ROM端末でも大丈夫である。但し、アステルだけは黒ROMでないと電界強度測定ができない。これは黒ROMでないと網的に位置登録が拒否されるようシステムが変更されたためであり、アステルで電界強度測定を行なう人はアステル関西の "まっTel" を契約するのが常識らしい。

しかもNTTドコモでもシステム改修が進められており、近い将来はこちらでも灰ROMで電界強度測定ができなくなる日が来ると思われる。DDIポケットだけは、一向にシステム改修の気配は無い。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club