通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

饋線点

辞書:通信用語の基礎知識 固定電話技術編 (WTELFT)
読み:きせんてん
外語:feeder point 英語
品詞:名詞
2001/01/12 作成
2013/12/23 更新

幹線系と配線系との接点。配線点ともいう。饋が常用漢字でないためか、一般に「き線点」と書かれる。

電話局からまとめて敷設されたケーブルを各加入者宅向けに分岐する箇所で、地上にある場合と地下にある場合とがある。

饋線点から先は、通常架空ケーブルによって電柱の間を渡り、切換え接続盤、クロージャー(端子函)、保安器コネクターを経由して、加入者宅に入ることになる。

饋線点は日本全国に14万8000点あるとされる。

饋線点から地上に出る配線系
饋線点から地上に出る配線系

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club