通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

.arpa

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術識別子編 (CTURI)
読み:ドット・アーパ
外語:.arpa: Address and Routing Parameter Area 英語
品詞:名詞
2001/03/02 作成
2017/05/13 更新

Infrastructure TLDに属するTLDの一つ。ARPANET時代のTLD。現在は逆引き関係で使われている。

元々は、インターネットの原形となったARPANETを開始した、米国国防総省の高等研究計画局(Advanced Research Projects Agency、ARPA)がその由来となるドメイン名である。

1984(昭和59)年頃、ARPANETにDNSが導入されるに際し、暫定的に用いるTLDとして作られたのが.arpaの由来である。

これが後に、IPv4逆引き関係でそのまま存続し、現在に至っている。

定義

現在の、TLDとしての.arpaは、1972(昭和47)年にDARPAに改称されたかつてのARPAとは無関係である。

そこで議論が持たれ、2000(平成12)年に「Address and Routing Parameter Area」(アドレスとルーティングパラメーターエリア)の略であるとして再定義された。

.arpaは、2001(平成13)年9月に発行されたRFC 3172 (STD 52)「アドレスとルーティングパラメーターエリアドメイン("arpa")のための管理ガイドライン&操作上の必要条件」によって定義されている。

一覧

.arpaドメインは全て必要に応じてRFCで定義されて使われており、現在、.arpaドメインには次のものがある(ABC順)。

  • as112.arpa ‐ AS112リダイレクション (RFC 7535)
  • e164.arpa ‐ E.164電話番号とURIの対応付け (RFC 6116、旧RFC 3761、旧RFC 2916)
  • in-addr-servers.arpa ‐ in-addr.arpaドメイン用の権威DNSサーバー (RFC 5855)
  • in-addr.arpa ‐ IPv4アドレスとドメイン名の対応付け(アドレスの逆引き用) (RFC 1035)
  • ip6-servers.arpa ‐ ip6.arpaドメイン用の権威DNSサーバー (RFC 5855)
  • ip6.arpa ‐ IPv6アドレスとドメイン名の対応付け(アドレスの逆引き用) (RFC 3596)
  • ipv4only.arpa ‐ DNS64の存在検出と、プロトコル変換用のIPv6プレフィックス学習用 (RFC 7050)
  • iris.arpa ‐ インターネットレジストリ情報サービス(IRIS) (RFC 4698)
  • uri.arpa ‐ 動的委任発見システム(DDDS)用のURI解決 (RFC 3405)
  • urn.arpa ‐ 動的委任発見システム(DDDS)用のURN解決 (RFC 3405)
関連するリンク
http://www.iana.org/domains/arpa
用語の所属
TLD
関連する用語
逆引き

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club