通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

100BASE-T

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術物理層編 (CTPMD)
読み:ひゃくベース・ティー
外語:100BASE-T 英語
品詞:名詞
2000/11/29 作成
2006/11/17 更新

当初の100BASE(100Mbps Ethernet)の規格名として定義された名称で、そこから派生した実装規格の総称として用いられる。

具体的には、次の総称となる。

FXなのになぜTに総称されるのかについては、永遠の謎である。

また、この言葉が定義された時点では100BASE-T2は存在しなかったが、用法として100BASE-T2も含まれているとして然るべきだろう。

中には、100BASE-TX、100BASE-T4、100BASE-T2といったツイストペア(UTP/STP)ケーブルを利用するものを指す規格名として考える人もいるが、これは誤用である。

また、100BASE-Tはこれらの略語でもない。用法として100BASE-TX(という固有の規格)を指す意で用いる人もいるが、これは素直に100BASE-TXと呼ぶべきであり、総称の意のある100BASE-Tを用いるべきものではない。

同様に10/100BASE-Tといった表記(10BASE-Tは固有の規格名だが、100BASE-Tは総称)は誤りである。

用語の所属
Ethernet
関連する用語
100BASE-T2
100BASE-T4
100BASE-TX
100BASE-FX
UTP
STP (ケーブル)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club