通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

10GBASE-E

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術物理層編 (CTPMD)
読み:テン・ギガベース・イー
読み:じゅうギガベース・イー
外語:10GBASE-E 英語
品詞:名詞
2002/07/07 作成
2014/11/19 更新

IEEE 802.3aeで策定された10GビットEthernet(10GbE)規格の一群。

目次

EはExtra long wavelength/distanceの略であり、その名の通り超長波長(1550nm帯)のレーザーを用いることでシングルモードファイバーで長距離通信を実現している。

次の規格が存在する。

規格上の通信距離は40kmだが、ベンダー拡張によりさらに長距離となっているものもある。また光ファイバーの品質が低いと30km程度が限界となる場合もある。

なお、近距離でこの規格を利用した場合、光減衰が少なすぎるため光が強すぎ、逆に通信できなくなる場合がある。その場合にはアッテネータを入れて対応する。

用語の所属
IEEE 802.3ae
10GbE
10GBASE-X
関連する用語
10GBASE-L
10GBASE-S

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club