通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

3DES

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術安全編 (CTSEC)
読み:トリプルデス
外語:triple DES 英語
品詞:名詞
2000/06/20 作成
2008/04/09 更新

DESを3回行ない、より高い安全性を求める方法。

目次

DESは鍵長が56ビットしかないため、コンピューターの性能向上によりブルートフォースアタック(総当たり攻撃)でも数日程度で暗号を破ることが可能となった。それでも、DESを3回用いることで、総当たり攻撃への安全性を高めることができる。

3DESの場合、鍵長112ビット〜168ビット(元の鍵長の2〜3倍)程度の暗号アルゴリズムと同程度に安全であるとされる。

1回目を鍵Aで暗号化、2回目を鍵Bで複号化、3回目を鍵Cで暗号化する。

このような処理を行なう理由は、鍵A、鍵B、鍵Cが同じであった場合に通常のDESと同じ結果を得るためである。

かつては鍵A、鍵Cを同じにしても暗号強度はそれほど落ちないとされており、そのような実装が多かった。しかし現在では幾つかの攻撃方法が発見されたため、鍵Aと鍵Cは別のものにすることが推奨される。

関連する用語
DES
2DES
差分解析法
線形解読法

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club