通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

ATAPI

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術接続編 (CTIF)
読み:アタピ
外語:ATAPI: AT Attachment Packet Interface 英語
品詞:名詞
1997/04/24 作成
2008/03/17 更新

ハードディスクドライブ以外の装置が接続できるようにした、IDE(ATA)の拡張仕様。E-IDEで採用された。

目次

IDEは元々ハードディスクドライブの接続しか想定していなかった。

そこで、それ以外のデバイスに対してはSCSIのようなパケット形式のコマンドを用いることにより、様々なデバイスに対応可能とした。この仕様がATAPIである。

この仕様は当初はSFF-8020、後にINF-8020と呼ばれ、ATAとは異なる独自の規格であったが、ATA/ATAPI-4からATA規格と統合された。

ハードディスクドライブ以外に、主にCD-ROM磁気テープ装置などの接続に対応した。

それまで、これら装置の接続はSCSIなどを使う必要があった。しかし、全てのパーソナルコンピューターATAおよびATAPIに対応したため、大量生産による製造のコストの安さなどの理由で普及した。

関連する用語
ATA
E-IDE

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club