通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

AWG

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術下編 (CTEQIP)
読み:エイダブリュージー
外語:AWG: Arrayed Waveguide Grating 英語
品詞:名詞
2001/05/26 作成
2015/07/11 更新

アレイ導波路格子。Phasarとも呼ばれる。

目次

導波路を配列状に並べたもので、WDMなどで複数の光波長の合波・分波に用いられる。

同様の目的のものに薄膜フィルター(TFF: Thin Film Filter)がある。

NTTエレクトロニクス、日立電線、アルカテルオプトロニクスが主要メーカーで、三社は2002(平成14)年12月5日にAWGの標準化を推進する旨、発表している。

かつて、Lucent Technologies社ではAWGを積極的に採用していたらしい。

関連する用語
WDM

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club