通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Bluetooth 2.1

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:ブルートゥースにーてんいち
外語:Bluetooth 2.1 英語
品詞:名詞
2010/07/08 作成
2013/01/20 更新

Bluetoothのバージョン2.1。

目次

Bluetooth 2.0の改良で、次のような新機能に対応した。

  • 暗号化の停止と再開 (EPR: Encryption Pause and Resume)
  • エラーデータの通知
  • 拡張された照会応答 (EIR: Extended Inquiry Response)
  • リンク管理タイムアウト チェンジイベント
  • フラッシュされないパケット分割フラグ
  • 簡略化されたペアリング (SSP: Secure Simple Pairing)
  • 省電力モード (Sniff Subrating)
  • Security Mode 4

Bluetooth 2.1以降では、ペアリングの際にパスキー(PIN)の入力が不要となった。

機器にもよるが、従来は初期設定「0000」などで変更できない装置が多かった。攻撃者は容易にPINを知り得たため、安全性に懸念があった。

あまりにも無意味だったことからペアリング処理が改善され、新しいペアリングとしてSSP(Secure Simple Pairing)が導入された。

用語の所属
Bluetooth
関連する用語
Bluetooth 2.1+EDR
Bluetooth 2.0
Bluetooth 3.0

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club