通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

CDDB

辞書:通信用語の基礎知識 通信用語業務編 (CYSVC)
読み:シーディーディービー
外語:CDDB: Compact Disc Data Base 英語
品詞:名詞
2001/01/14 作成
2009/01/13 更新

音楽用CDの情報が登録された、インターネット上でのデータベースの総称。

CDDBは全世界で様々に運用されており、無料のものではfreedbなど、商用サービスではgracenoteなどがある。

gracenote CDDBが有名だが、2003(平成15)年8月11日発表によると、登録アルバム数は200万件以上、195ヶ国以上のアルバムで2600万曲以上収録された、と報じられている。現在は、更に増えていると思われる。

パソコン上で対応ソフトを使うことで、CD-ROMドライブに現在セットされている音楽CDに含まれるCD固有のIDで検索ができ、アルバム名、アーティスト名、各トラックの曲名を取得することができる。

従来のCDDBは基本的に日本語などの複数バイト文字に対応せず、英語などのみで、洋楽しか管理できなかった。

日本でも一部のメーカーが独自に邦楽CD用CDDBサーバーを立ち上げ、自社製ソフトで利用できるようにしているケースがある。しかしデータは十分に揃っておらず、ユーザーのボランティアによるデータ追加登録に頼っている。また、各CDDBごとに情報をバラバラに所有してるため、効率が悪い。

対応は、gracenote CDDBとfreedbとで二極化している。

gracenote CDDB

  • RealJukeBox
  • Windows Media Player
  • Winamp
  • iTunes

freedb

  • CDex
  • CD2WAV

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club