通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

CDMA2000 1xEV-DO Rev.B

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:スィーディーエムエイ・にせん・ワンエックス・イーヴィーディーオウ・リビジョン・ビー
外語:CDMA2000 1xEV-DO Rev.B 英語
品詞:名詞
2014/04/18 作成
2014/12/28 更新

CDMA2000 1xEV-DOの3番目の版。1xEV-DOrBの次で、後継は1xEV-DOrC。

15セクター使用時最大で、次の速度を提供する。

  • 下り 46.5Mbps(Phase Ⅰ)、73.5Mbps(Phase Ⅱ)
  • 上り 27Mbps

技術

最大で15セクターを束ねて使用することで高速化する。理論最大速度は、キャリア数倍となる。

その分、大量の周波数帯域や基地局を必要とするが、現実的でなかったことから日本においてはauは不採用とした。auの更なる高速な通信手段はLTEとなっている。

Phase Ⅰ

Phase Ⅰは、Rev.Aのキャリアを束ねる技術である。

Rev.Aは、下り3.1Mbps、上り1.8Mbpsなので、15波使用時最大で、下り46.5Mbps、上り27Mbpsとなる。

より現実的に、3波使用時は、下り9.3Mbps、上り5.4Mbpsとなる。

Phase Ⅱ

Phase Ⅱでは、下りの変調方式に64QAMを採用し、1キャリアあたりの転送速度を3.1Mbpsから4.9Mbpsに高めた。

このため、下り4.9Mbps、上り1.8Mbpsとなり、15波使用時最大で、下り73.5Mbps、上り27Mbpsとなる。

より現実的に、3波使用時は、下り14.7Mbps、上り5.4Mbpsとなる。

用語の所属
CDMA2000 1xEV-DO
関連する用語
CDMA2000 1xEV-DO Rel.0
CDMA2000 1xEV-DO Rev.A

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club