通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

CNAME

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術応用編 (CTAPL)
読み:スィーネーム
外語:CNAME: Canonical NAME 英語
品詞:名詞
2006/11/14 更新

(別名に対する)正規名。

目次

DNSで、あるホストの別名を引いた時に、その別名からAレコードやAAAAレコード/A6レコードで定義されるホストの正規名へと変換するためのレコード。

あるホスト名に対する別名を与えることが主たる目的である。

例えば、WebサーバーFTPサーバーが同じコンピューターnullpo.example.jpがあったとすると、

nullpo IN A 192.0.2.123

www IN CNAME nullpo

ftp IN CNAME nullpo

のような設定では、www.example.jpおよびftp.example.jpでnullpo.example.jpを参照することができることになる。

内部的には、

  1. 名前
  2. 正式名
  3. そのホストのIPアドレス

の順で変換され、上の例では192.0.2.123というアドレスが得られることになる。

用語の所属
DNS
zone
関連する用語
正引き
A
AAAA
A6
DNAME

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club