通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

CR (文字コード)

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字用語編 (CTCHRY)
読み:スィーアー
外語:CR 英語
品詞:名詞
2008/10/14 作成
2013/08/06 更新

ISO/IEC 2022の制御文字補助集合の領域。C1と同義で、制御文字用の右側。

いわゆる文字番号として、目に見えるものの一つである。

符号の位置としては8/0〜9/15の範囲と15/15であり、プログラム的には0x80〜0x9fと0xffとなる。

文字表

7ビット符号」では使用されない。「8ビット符号」ではCLと共に使われ、計66個の制御文字が利用できる。

また、CRと共に使われる文字の領域はGRと呼ばれる。

呼出

CRは、C1というバッファーが固定化されており、変更できない。実質的に、文字(CR)とは違いバッファーは存在しないといえる。

制御文字集合は切り替え可能で、エスケープシーケンスで切り替えるとすぐに呼出となる。

具体的には、「1/11 2/2 <F>」というエスケープシーケンスで切り替えることができる。

用語の所属
ISO/IEC 2022
CR
関連する用語
CL
GR
制御コード

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club