通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

7ビット符号

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字用語編 (CTCHRY)
読み:ななビット・ふごう
品詞:名詞
2004/12/28 作成
2009/01/13 更新

7ビットを一つの単位とする符号のこと。

定義

ISO/IEC 2022で「7ビット符号」というときは、7ビットのみ、つまり0/0〜7/15の範囲で、CLGLのみを使うことをいう。

プログラム的には0x00〜0x7fまでの範囲のみを使う。このため、GLのみを使って、GLにG0G1G2G3のいずれかを任意に割り当てて複数の言語を扱う。

7ビットだけで多言語が扱えることから、電子メールなどの古いシステムで8ビット伝送が保証されない環境でよく使われており、ISO-2022-JPはじめ、様々な符号化が規定されている。

ISO/IEC 2022の実装

通常のISO/IEC 2022実装では、指示(designate)と同時に呼出(invoke)がなされる。言語の切り換えは、切り換えたい文字集合をG0などに割り当てるエスケープシーケンスを使えばよい。

例えば、ASCIIを使うためには1/11 2/8 4/2(ESC 0x28 0x42)を、日本語JIS X 0208なら1/11 2/4 4/1(ESC 0x24 0x41)を使えば、G0に指示(designate)され、同時にGLに呼出(invoke)がされる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club