通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

G1

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字用語編 (CTCHRY)
読み:ジーいち
外語:G1 英語
品詞:名詞
2008/10/14 作成
2009/01/13 更新

ISO/IEC 2022の「バッファー」の一つ。

ISO/IEC 2022で、文字集合を指示(designate)する場所である。

そして、必要に応じて、このバッファーを図形文字表(GLまたはGR)に呼出(invoke)して使う。

由来

ISO/IEC 2022は、文字集合→バッファー→図形文字表、という三段階で符号を切り替えるメカニズムとなっており、G1は四つあるバッファーの一つである。

このような面倒な機構を導入せざるを得なかった理由は、効率化と共に、ASCIIとの完全な互換性を維持するためだった。

なお、G0とG1は最初の版「ISO 2022:1973」から既に存在したが、G2G3は後から追加されている。

機構

通常はGRに呼出(invoke)して使われる。

7ビット符号であれば、SHIFT OUT(0/14)でG1を呼び出して使われ、この場合、94文字集合ならコードポイント0x21〜0x7e、96文字集合ならコードポイント0x20〜0x7fが、その文字となる。

8ビット符号であれば、94文字集合ならコードポイント0xa1〜0xfe、96文字集合ならコードポイント0xa0〜0xffが、その文字となる。

より具体的には、次のような符号を使う。

  • LS1 (G1をGLに呼び出す) (0/14、いわゆるSO)
  • LS1R (G1をGRに呼び出す) (1/11 7/14、ESC ~)
用語の所属
ISO/IEC 2022
G1
関連する用語
GL
GR
G0
G2
G3 (ISO 2022)
C0
C1

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club