通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

DD第三種工事担任者

辞書:通信用語の基礎知識 固定電話技術編 (WTELFT)
読み:ディーディーだいさんしゅ・こうじたんにんしゃ
外語:DD Type III Installation Technician 英語
品詞:名詞
2012/09/15 作成

工事担任者の一つで、デジタル伝送路設備における最下位の資格。旧「デジタル第三種工事担任者」の後継資格となる。

目次

工事の範囲として、次のように定められている。

デジタル伝送路設備に端末設備等を接続するための工事(接続点におけるデジタル信号の入出力速度が毎秒100メガビット以下のものであって、主としてインターネット接続のための回線に限る。)。ただし、総合デジタル通信用設備に端末設備等を接続するための工事を除く。

デジタル伝送路設備の最下位の資格である。

可否は次の通りである。

  • アナログ伝送路設備
    • × … 1回線
    • × … 2回線以上50回線以下で、内線が200回線以下
    • × … 2回線以上50回線以下で、内線が200回線超
    • × … その他
  • 総合デジタル通信用設備(ISDN)
    • × … 基本インタフェース1回線
    • × … 毎秒64キロビット換算で50回線以下
    • × … その他
  • デジタル伝送路設備
    • ◯ … 毎秒100メガビット以下(主としてインターネット接続に限る)
    • × … 毎秒100メガビット以下
    • × … 毎秒100メガビット超

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club