通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

DMD

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術用語編 (CTYOGO)
読み:ディーエムディー
外語:DMD: Differential Mode Delay 英語
品詞:名詞
2001/08/21 作成
2007/01/29 更新

マルチモードファイバーにおいて発生してしまう、望ましくない現象の一つ。

目次

マルチモードの光ファイバーは、屈折率の精度が悪いとレーザー光が真っ直ぐ入射されたときに複数の伝播路が出来てしまい、信号が受信側に届くのに時間差が出来る場合がある。

この時に発生する時間差のことをDMDという。異モード遅延ともいう。

マルチモードファイバーで常にDMDが問題になるというわけではなく、製造時に精度が悪かったものだけがDMDを生ずる。

インコヒーレント光源であれば、異なる波長の光によってDMDの影響が消え、問題にならない。

また、コヒーレント光源であっても、1000BASE-SXではケーブル長が短く、また波長も短いため、DMDが問題になることはない。

現状では1000BASE-LXマルチモードファイバーを用いたときのみ問題となるが、モードコンディショニングパッチケーブルを用いるとその問題を回避することができる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club