通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

DTLS

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術安全編 (CTSEC)
読み:ディーティーエルエス
外語:DTLS: Datagram Transport Layer Security 英語
品詞:名詞
2013/09/23 作成

UDPにおけるTLS(旧称SSL)。セキュリティを要するUDP通信で用いられる、通信プロトコルの一つ。TLS over UDPであるともいえる。

UDPと共に広く使われるTCPに、SSL(その後1999(平成11)年にTLS)が作られた。

この技術を応用して2006(平成18)年4月に作られたのが、UDP用のTLSであるRFC 4347であり、更に2012(平成24)年1月にDTLS v1.2としてRFC 6347が作られた。

例えば、WindowsのRDP(リモート デスクトップ プロトコル)はUDPも用いているが、これが盗聴、改竄、メッセージの偽造といったセキュリティホールとなるため、DTLSにも対応している。

関連する用語
TLS

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club