通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

RDP

辞書:通信用語の基礎知識 通信手順上編 (CPINFO)
読み:アーディーピー
外語:RDP: Remote Desktop Protocol 英語
品詞:名詞
2010/12/13 作成
2014/01/25 更新

Windows端末に対し、リモートからの接続、操作を実現するための通信プロトコル

目次

Windows NT 4.0から搭載された。この時のバージョンはRDP 4.0である。

サービスに3389/tcpが使われている。

Windowsの内部バージョンと合わせてあるため、RDPのバージョンはいきなり4から始まっている。

  • バージョン4
    • RDP 4.0 (Windows NT 4.0, Terminal Server Editionに標準搭載)
      • 最初のバージョン
  • バージョン5
    • RDP 5.0 (Windows 2000に標準搭載)
      • ローカルプリンターに対応
    • RDP 5.1 (Windows XPに標準搭載)
      • 24ビットカラーに対応
      • オーディオ リダイレクトに対応
    • RDP 5.2 (Windows Server 2003に標準搭載)
      • コンソールセッションに対応
      • ローカルリソース(オーディオ、シリアルポート、プリンタ-、クリップボードなど)のリダイレクトに対応
  • バージョン6
    • RDP 6.0 (Windows Vista、XP SP2、Windows Server 2003 SP1/SP2に標準搭載)
      • マルチモニターに対応
    • RDP 6.1 (Windows Vista SP1、Windows Server 2008、Windows XP SP3に標準搭載)
      • ターミナルサービス(TS RemoteApp、TS Gatewayなど)に対応
  • バージョン7
    • RDP 7.0 (Windows 7Windows Server 2008 R2に標準搭載)
      • Windows Aero対応
    • RDP 7.1 (Windows 7 SP1、Windows Server 2008 R2 SP1に標準搭載)
      • RemoteFX対応
  • バージョン8
    • RDP 8.0 (Windows 8、Windows Server 2012に標準搭載)
      • プロトコルとして3389/udpにも対応
      • マルチタッチ対応
    • RDP 8.1 (Windows 8.1、Windows Server 2012 R2に標準搭載)
関連する用語
rdesktop

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club