通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

DTMF

辞書:通信用語の基礎知識 固定電話技術編 (WTELFT)
読み:ディーティーエムエフ
外語:DTMF: Dual Tone Multi Frequency 英語
品詞:名詞
2001/05/22 作成
2008/10/24 更新

ピ・ポ・パ音によるダイアルに使われる音。

「トーン信号」、「プッシュ信号」、「プッシュトーン」ともいう。この音によるダイアルをトーンダイアルと呼ぶ。

和音

0〜9、*、#、A〜Dの16文字(ただし日本ではA〜Dは未使用)を、二つの音の和音で表現する。

和音を利用するのは、利用する音の周波数の種類を減らすと同時に対ノイズ性を高めるためである。

周波数組み合わせ

8種類の音があり、4種類・4種類で組み合わせて使われる。

Hz1209133614471633
697123A
770456B
852789C
941*0#D

例えば、「5」なら770Hz+1336Hzの和音、「#」なら941Hz+1447Hzの和音となる。

長所

  • 同じ時間で送れる情報量がパルス式より多い
  • マイクを通じで電話番号信号を送ることができる

短所

  • 電話交換機側では配線ごとにDTMFを読み取る装置を付けなければならない

但し、ディジタル交換機ではあまり欠点とはいえない。

用語の所属
電話
関連する用語
トーンダイアル
インバンドリンガー

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club