通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

FEAL

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術安全編 (CTSEC)
読み:フィール
外語:FEAL: Fast data Encipherment Algorithm 英語
発音:fí:l 英語
品詞:名詞
1999/12/27 作成
2008/04/09 更新

高速データ暗号化アルゴリズム。

NTTにより開発され、1987(昭和62)年10月からクレジット情報データ通信システムCAFIS(Credit And Finance Information System)に導入された慣用鍵暗号方式のブロック暗号

ICカード等のチープなプロセッサー向けに設計された暗号アルゴリズムが最初で、FEAL-8と称された。これはDESよりも高速である点を長所とした。

1990(平成2)年には、FEAL-8をベースとして、より暗号を強化した新たなアルゴリズムとしてFEAL-N/NXが開発された。

種類

暗号化/復号化の鍵はNTTのセンターと端末の両方にあり、鍵長は64ビットか128ビットである。

回転数(段数)がNで鍵長64ビットのものをFEAL-N、回転数(段数)がNで鍵長128ビットのものをFEAL-NXと呼ぶ。

これを著している時点での最新は、FEAL-32Xである。

安全性

FEALは、発表直後から様々な暗号解読による攻撃を受けた。

差分解析法線形解読法の登場(双方ともFEALに対する攻撃から生まれた)により暗号を破ることが可能となったため、現在では利用できない暗号手法となっている。

以降NTTは、安全性と処理効率から、同社開発のCamellia(カメリア)の使用を推奨している。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club