通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

HSPA+

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:エイチエスピーエイ・プラス
外語:HSPA+: High Speed Packet Access + 英語
品詞:名詞
2011/04/14 作成
2012/05/20 更新

HSPAの拡張で、高速化したもの。3GPPのRelease 7で標準化された。

目次

MIMO64QAMを採用することで、高速化された。

ダウンリンクは、1帯域に付き64QAMで下り最大21Mbps、16QAM2×2 MIMOの場合で下り最大28Mbpsとなる。アップリンクは、16QAMで最大11Mbpsである。

この仕様は、3GPPのRelease 8として仕様化されたDC-HSDPAに内包された。

DC-HSDPAで拡張されたHSPA+は俗に「DC-HSPA+」とも呼ばれており、次のような特徴を有している。

  • ダウンリンクは、64QAMの2波(デュアルキャリアー)で42Mbps
  • ダウンリンクは、64QAMの2×2 MIMOで42Mbps

64QAMを活用しながら高速化を達成している。

用語の所属
3GPP
3.9G
関連する用語
HSPA
DC-HSDPA

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club