通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

IAB

辞書:通信用語の基礎知識 通信団体企業編 (CYENT)
読み:アイエイビー
外語:IAB: The Internet Architecture Board 英語
品詞:団体組織名
2000/04/20 作成
2015/07/14 更新

ISOCに対して技術的側面から助言、忠告する組織で、ISOCの利害を代表する理事会の一つ。

インターネット全体のアーキテクチャーなどについて議論をする、技術者の集団である。

またRFCの編集、発行に責任を持つ。さらにIETFIRTFのようなプロジェクトチームの編成をすることができる。

メンバーは最大15名であり、会社、機関などの組織と無関係に個人として参加することが求められる。

IAB自体はRFC 1160で規定され、その機能はRFC 2850(BCP 39)で規定される。

誕生当時はIABのAはAdvisoryだったが、後にActivitiesに変わり、さらにArchitectureに変わった。

関連するリンク
http://www.iab.org/
用語の所属
ISOC
関連する用語
IETF
IRTF
RFC

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club