通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

IEEE 802.11ai

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:アイトリプルイーはちゼロにーてんいちいち・エイアイ
外語:IEEE 802.11ai 英語
品詞:固有名詞,団体組織名
2013/02/25 作成

無線LAN高速認証技術。FILS(Fast Initial Link Setup)。

目次

認証と接続を、手順を一括化する通信プロトコルを用いることで大幅に短縮する。

接続時間は、従来の1/300相当となる0.01秒(=10ミリ秒=1センチ秒)程度に短縮することを目標としている。

2013(平成25)年2月21日、京都大学でIEEE 802.11aiの実証実験が行なわれた。

総務省とWi-FILS(Wifi-Fast Initial Link Setup)推進協議会が連携し、これにIEEE 802.11aiの議長を務めるアライドテレシスも協力した。

実験によると、無線LANへの接続時間(人間が目視で確認する手法)は、従来式が平均23.64秒だったのに対し、新技術は2.12秒と大幅に短縮されたとしている。

用語の所属
IEEE 802.11

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club