通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

ISO/IEC 10646-1

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字集合編 (CTCHRS)
読み:アイエスオウ・アイイースィー・いちゼロろくよんろく・いち
外語:ISO/IEC 10646-1 英語
品詞:固有名詞
2005/01/04 作成
2010/04/18 更新

32ビット長(実データ長は31ビット)の符号空間における文字セットを定義する国際規格の第一部。

目次

規格としての基本的なアーキテクチャーの規定と、Unicode基本多言語面(BMP)に相当する部分の文字コード表を規定する。

ISO/IEC 10646は紆余曲折の後、枝番-1の付いた10646-1として、1993(平成5)年5月1日に制定されたISO/IEC 10646-1:1993から初めて登場した。対応する日本語規格はJIS X 0221-1である。

枝番2まで登場したが、その後の更新では両者は統合され、規格名は「ISO/IEC 10646」となっている。

ISO/IEC 10646-1と、関連する事項について時系列で並べる。

  • 1991(平成3)年6月: DIS 10646が国際投票で否決される。
  • 1991(平成3)年10月: Unicode 1.0 Vol.1
  • 1992(平成4)年1月: DIS 10646第二版が国際投票で可決される。
  • 1992(平成4)年6月: Unicode 1.0 Vol.2
  • 1993(平成5)年: Unicode 1.1
  • 1993(平成5)年5月1日: ISO/IEC 10646-1制定 (ISO/IEC 10646-1:1993)
  • 1996(平成8)年7月: Unicode 2.0
  • 1993(平成5)年10月15日: ISO/IEC 10646-1 Amendment 1制定
  • 1993(平成5)年10月15日: ISO/IEC 10646-1 Amendment 2制定
  • 1998(平成10)年2月18日: Unicode 2.1
  • 1998(平成10)年5月15日: ISO/IEC 10646-1 Amendment 5制定
  • 1999(平成11)年7月15日: ISO/IEC 10646-1 Amendment 17制定
  • 1999(平成11)年9月11日: Unicode 3.0発表
  • 2000(平成12)年9月15日: ISO/IEC 10646-1改正 (ISO/IEC 10646-1:2000)
  • 2003(平成15)年12月15日: ISO/IEC 10646-1と2改正、統合によりISO/IEC 10646に改名 (ISO/IEC 10646:2003)
規格の所属
ISO/IEC 10646
関連する規格
JIS X 0221-1
関連する用語
Unicode
基本多言語面

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club